[お役立ちガイド]太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている

多くの公共施設や企業、さらには一般家庭でも太陽光発電の導入が行われており、今では人気が集中しています。
いずれ脱原発が目指されている現在、太陽光発電がその第一歩となることでしょう。 太陽光発電のパネルは強い耐久性を持っているのですがパワーコンディショナーはちょっと違います。
パワーコンディショナーというのは約10〜15年程度と、太陽光パネルよりも短い期間の寿命となっているのです。

 

パワーコンディショナーは早めに修理や交換が必要となってきますので、その費用が必要ということを覚えておきましょう。
当たり前のことですが太陽光パネルも永久的に故障をしないということではありませんので、定期的なメンテナンスが必要です。

 

モニターで発電量を確認し「発電量が以前より低下してきたな」と思ったらすぐにメンテナンスをしましょう。
またその他の機器におきましてもきちんとメンテナンスしてもらい、無駄な経費をかけることのないようにしましょう。

定年退職 記念品
定年退職 記念品チェック
http://kanreki-oiwai-land.com/retirement/



[お役立ちガイド]太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っているブログ:2020-09-15

(o・∀・)ノ*:;;;:*コンチクワ*:;;;:*

皆さんは
「脂肪=体に悪いもの」と考えていませんか?

しかしそれは間違いで、
脂肪は人間が生きて行く上で、
とても必要なものなんですよ!

例えば、
エネルギー源になったり、内臓を守るクッションの役割になったり、
寒さをやわらげるための体温調節をしたり…など、
僕たちが生命を維持するために欠かせない存在です。

ただ
増えすぎてしまうと生活習慣病の原因になりますし、
極端に少なくなると適正範囲を守るのが理想的です。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は
両方とも体の中にある脂肪、いわゆる体脂肪ですが、
皮膚の下にたまるものを「皮下脂肪」、
内臓の周りにつくものを「内臓脂肪」といいます。

脂肪が必要以上に体にたまりすぎると肥満になりますが、
お尻や大腿部などの下半身に脂肪がつくのが、
「洋なし型」と呼ばれる皮下脂肪型肥満、
ウエストの周りに脂肪がつくのが
「リンゴ型」と呼ばれる内臓脂肪型肥満となります。

一般的に、
男性はリンゴ型の内臓脂肪型肥満になりやすく、
女性は洋なし型の皮下脂肪型肥満になりやすいといわれています。

特に、
内臓脂肪型肥満は
生活習慣病の原因になりやすいので注意が必要です。

ですが、
内臓脂肪の方が皮下脂肪に比べ
「つきやすいけれど落ちやすい」という特性があるので、
日々の食事と運動の習慣を見直すことで
落としやすい脂肪でもあるのです。

ウエストの周りに脂肪がつきすぎて
落としにくくなってしまう前に
食事内容を改善して、
適度な運動をする習慣を見につけたいものですね。